アミノ酸の役割

タンパク質を構成する成分であるアミノ酸は人間の体の中で生成することができないので、食事によって摂取する以外に体に取り入れる方法はありません。皮膚の生成に一役買うだけでなく、医療においてもその特性から利用されているアミノ酸。このページではアミノ酸の概要についてご紹介します。

肌の潤いに関係するアミノ酸

皮膚の角質層に含まれるアミノ酸の量が肌の潤いを左右します。皮膚の角質に含まれている保湿成分の半分は各種のアミノ酸やその他の関連成分から 構成されており、外からアミノ酸を補給することで角質層はしなやかさと張りを取り戻せると言われています。

医療においても使われているアミノ酸

1956年に手術後の患者の栄養補給を目的としたアミノ酸輸液が日本で開発されて以来、現在においても医療現場でアミノ酸の利用が進んでいます。 体力回復を早める栄養剤としてだけでなく、小腸を大量に切除する手術の後に十分に栄養を取ることが出来ないケースや、肝硬変の患者の食事療法などにもアミノ酸が役立っています。

スポーツ&アミノ酸サプリメント

長い間、運動時に必要なエネルギーの源になるのは糖質と脂肪とされてきましたが、近年ではバリンやロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸の一部が筋力に蓄えられて運動時のエネルギーとして使われることが分かっています。食べ物に含まれているタンパク質が体の中で吸収されるまでの時間は個人差がありますが、その時間はだいたい2時間くらいと言われており、アミノサプリメントの場合だと20分〜30分と短時間で吸収出来ると言われており、厳しい運動などで失われたアミノ酸を迅速に補給するうえでアミノ酸が含まれたサプリメントが役に立つアイテムとしてスポーツアスリート達に好まれています。

健康にも一役買うアミノ酸

食べ物として口から入ったタンパク質は、一度小腸で分解されて吸収された後はアミノ酸として肝臓に運ばれます。 肝臓に蓄積されたアミノ酸は、DNAやRNAなどの核酸がもたらす遺伝情報によって新たに人の身体を構成するタンパク質に変換されるだけでなく体のエネルギー源となります。また個々のアミノ酸自体も栄養面、機能面で重要な役割を果たしています。

アミノ酸の補給

アミノ酸の補給は、成人の場合だと体重60kg程度の方で、1日あたりほぼ2g程度のコラーゲンを補給すれば問題ないと言われています。 しかし、通常の暮らしではアミノ酸の的確なg数を計ることは難しいので、いまいち基準がわからないという方も多いでしょう。 そこで覚えておいて欲しいのが、日本人の主食である「米とみそ汁」の定番メニューによるアミノ酸の補給です。 日本人の主食である米には7%、欧米人の主食である小麦には11%ほどのたんぱく質が含まれていますが、そのアミノ酸バランスは 異なります。小麦は必須アミノ酸のリジン、メチオニン、スレオニンが若干少な目なので、肉や乳製品を食べることで不足したアミノ酸を 補う必要があります。米にやや不足している成分:リジンは豆類にたくさん含まれているので、米と納豆などを併せて食べると良いでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

自社開発から製造まで行っています。led照明(道路灯、駐車場、看板、室内、演出照明等)で省エネをお考えの企業様はお気軽にご相談下さい。

LED 定電流電源

お引越し、リフォームの際のご用命は創業30余年、信頼の当社へ!出張見積もり無料!

リサイクルショップ 杉並区

翌朝の肌が違う!!究極のホームエステ。三日に一度のエイジングケアはルセンスで。

プラセンタ 化粧品

チタン印鑑・手彫り仕上げのかわいいおしゃれはんこ・実印を即日発送、最短翌日お届け!

印鑑 実印

Last update:2016/2/1